お兄ちゃんは見栄っ張り

 

 

 

「兄上……」

「ん?」

「兄上はいつケッコンするのだ?」

「ゔ」

「兄上は夏実と、らぶらぶ、なのだろう?」

「あ…ああ…まあな…」

「いつケッコンしてもおかしくないくらい、らぶらぶ、なのだろう?」

「も、もちろん。」

「ならばいつケッコンするのだ?」

「それはだな…」

「私も早く義姉上が欲しいぞ。」

「まあそう焦るな」

「そもそも兄上は夏未とどこまで行っているのだ?」

「ど、どこまでって…」

「手はつないだのか?」

「朝飯前だ」

「キスは?」

「し………した」

「セ〇〇〇は?」

「ぶっっっ!!!

お前そんな言葉どこで覚えたんだッ!?」

「銀牙に教えてもらった」

「くそっ……アイツろくでもないことを……!!」

「そうだ!ひらめいたぞ!」

「なっなんだ?」

「兄上と夏実との間に子供ができれば良いのだ!」

「は!?」

「そうすればケッコンせなくをえなくなろうぞ。うむ、いわゆる、できちゃった婚だ!」

「そっ……それもアイツに教わったのか?」

「しかし、そうなれば兄上は子供につきっきりになってしまうな…」

「おい聞いてんのか?」

「私のことなど構ってもくれなくなる…」

「勝手に話を進めるな」

「兄上がとられるのは………嫌だ」

「……………」

「うむ、私には兄上がいればそれで良いぞ。

他のものは何も要らぬ。」

「……全く、勝手に納得しやがって」

「ずぅっと私の兄上でいてくれ、な、兄上!」

 
 
 
 
 

←戻る

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。